NEWS

ALL all 〜活性酵素水の話〜

 

ALL allは主にイネ科の多年草植物『真菰(マコモ)』を原料に、様々な有用微生物を発酵し、培養して利用した天然の酵素たっぷりの活性酵素水です。

 

 

毛髪は80〜90%がたんぱく質で出来ています。
その基となるのがアミノ酸です。

 

 

アミノ酸は酵素がないとたんぱく質の合成が出来ません。

 

 

つまり、アミノ酸と酵素がバランスよく存在しないといけないんです!

 

 

 

酵素が身体に良いということは、ご存知の方も多いと思います。

 

 

酵素が身体に良いということは、髪の毛や肌にも当然良いはず。

 

 

…ってことは分かっているはずなのに、なぜあまり美容業界で注目されないのか。。。

 

 

 

それには酵素特有のデメリットがあるんです…

 

・通常50〜70度の温度に耐えれない

・ph9以上のアルカリにも、低phにも活動が鈍くなる

 

 

 

強い薬剤や高熱を髪の毛に加えることもある美容室では注目されなかったのが現実でした。

 
だがしかし!!

 

 

そんな弱点を見事覆したのがこの『ALLall』に含まれる『ジザニア菌』という貴重な『耐熱菌』。

 

 

 

ジザニアとは、ギリシャ語で『マコモ』という意味で、ジザニア菌はマコモから発生する有用微生物なんです。
別名『マコモ耐熱菌』とも呼ばれています。

 

 

 

マコモ耐熱菌は、ph11以上の強い薬剤を加えても、数百度の高熱を加えても、死なずに働いてくれることの出来る貴重な有用微生物の菌なんです!!

 

 

 

 

メリットとしては…

 

・カラーやパーマなどの施術から髪を守ってくれる
・発酵物だから肌への浸透性もかなり高い
・アミノ酸の含有量も非常に多い
・植物由来なのでミネラル分が豊富
・肌荒れしやすい敏感肌な方でもスキンケアとして安心して使える

 

 

などなど!

 

 

そんな良いことづくしのALLallが出来上がるまでの過程を聞いてびっくりしました…。

 

 

 

なんと専門の職人さんが約7〜8年の年月を重ねて、自然の中で地道にコツコツと雨の日も風の日もちょっとずつちょっとずつ丁寧に培養しているんです!

 

 

 

7〜8年の間に当初作り始めたうちの半分のマコモ耐熱菌がダメになってしまうくらい、まさに職人技ともいう繊細な作業。

 

 

 

そうして大切に大切に育てられたマコモ耐熱菌を中心に、様々な有用微生物群によって発酵して出来る、天然のアミノ酸やたんぱく質をたくさん含んでいるのがこの「ALLall」活性酵素水なんです。

 

 

 

さらにマコモ耐熱菌は、有害物質を排泄し、生物の免疫機能を上げ、強力な腐敗防止作用を持っています。

 

 

 

最近の研究で、髪の毛のツヤに関してはキューティクルが原因だと思われてきましたが、実はキューティクルの内側にあるコルテックスの細胞のねじれが原因であることが分かったみたいです。

 

 

 

コルテックスの中には縦方向に繊維が走っていて、この繊維が平行に並んでいるかねじれているかで髪の毛のツヤは変わってくるんだとか。

 

 

 

加齢とともにねじれが強くなるとツヤも失う。。。
そんなコルテックスのねじれの改善にアミノ酸を主体とする酵素が有効であると証明されたみたいです!!

 

 

 

 

ALLallのマコモ耐熱菌が発酵する酵素が髪の間充物質として働いてくれることで、私たちの髪の毛や肌がいい状態を保つことが出来るんです♪♪

 
夜お風呂上がりに顔と髪に!
朝起きて顔を洗った後に顔に!
そして寝癖直しにも髪に!

 

 

 

どんなタイミングでもどれだけ使っても大丈夫。
使えば使うほどどんどん良くなります!

 

 

 

顔につける場合には、何もつけていない状態のまっさらな最初の時に吹きかけていただき、その後に化粧水や美容液、乳液をつけていただくと浸透力もあがるのでさらに良いですよ〜♪♪

 

 

 

ALLall…もはや無くてはならない存在です。

Instagram

    • ADDRESS
    • 〒472-0044 愛知県知立市広見4-38
    • TELEPHONE
    • 0566-83-3710
    • OPEN
    • AM 9:00〜PM 7:00(カット)AM 9:00〜PM 6:00(パーマ・カラー)
      ※ストレートパーマはPM4:00まで、デジタルパーマはPM5:00までの受付
    • CLOSE
    • 毎週月曜日、第2・3火曜日

    Follow Us

    © 2012 Hair PaPaNoel's.